企業情報

開示情報

自己資本規制比率

2018年9月30日現在(単位:百万円)

固定化されていない自己資本 (A) 315
リスク相当額 (C) + (D) + (E) = (B) 32
市場リスク相当額 (C) 0
取引先リスク相当額 (D) 4
基礎的リスク相当額 (E) 28
自己資本規制比率 (A) ÷ (B) × 100 (%) 980.0 %

自己資本規制比率について

自己資本規制比率とは、固定的な資産を控除した「固定化されていない自己資本の額」を、発生し得る危険に対応する「リスク相当額」で除して算出する指標です。この数値は金融商品取引業者の財務の健全性を測る重要な指標とされ、金融商品取引法では金融商品取引業者はこの比率が120%を下回ってはならないと規定されております。